通勤時間が長ければ読書時間は増える

読書感想を書いていきます。これを学校に提出したら怒られるけどね。

仕掛け人・藤枝梅安 / 池波正太郎 / 講談社文庫

3巻まで読了。

 

必殺仕事人シリーズの原作と聞いたから、というよりか池波正太郎が好きなので読みました。

作者が急逝してしまったので未完なんだとか。

まあ、3巻まで読む限りはどこで終わってもよいかな、と。

 

気になった点を2つほど。

まず、読めればよいかと思い1巻は旧版、2,3巻は新装版を読みました。

新装版のほうが読みやすいのですが、雰囲気は旧版のほうがあっています。

きっと時代小説はこういうもの、という先入観があるんだろうなあ。

物語に入ってしまうとあんまり気にならなくなってしまいますが。

これから購入を考える方はお好みで。

好きなほうを読めばよいです。

 

2点目は2巻の解説。

牛堀九万之助が鬼平の親友と書いてある。

おかしい。

牛堀九万之助は剣客商売の登場人物で鬼平の親友はもっと違う名前だったはずだ。

剣客商売は結構読んだ。

鬼平は1巻だけ読んだ。

間違いない、はず。

解説を書いているんだから私以上のファンで読み込んでいるはずだが、はて?

 

藤枝梅安はドラマもよくできているとのこと。

気になった方はそちらもどうぞ。

(私はたぶん見ない)

 

 amazon